デザインが苦手なWeb便利屋

やったこと備忘録。Webサーバ、DB、JavascriptとかLinuxとか。

Laravel PHP フレームワーク

Laravel バージョン指定インストール

投稿日:

いつも忘れるのでメモ

composerを使用し、Laravelのバージョンを指定してインストールする方法。

今回は5.1を指定。(LTSの為ですが、個人で使用するには特に指定する理由はないかもしれません)

バージョン確認

動作確認

起動後のエラー対応

ダウンロード中に失敗した場合

パッケージが揃っていない可能性が高いので、updateする。

ダウンロードは成功しているっぽい・・・

  1. Laravel5から「.env」ファイルが必要。「.env.example」をコピーして作成する。(存在する場合は手順2)
  2. php artisan key:generateを実行。

 







-Laravel, PHP, フレームワーク
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

Laravel5 LinuxMint ローカル環境でハマったのでメモ

開発環境 LinuxMint17.2 apache2 php 5.5.9 Laravel 5.1.35(LTS) 現象 routes.phpを編集しても、404エラーとなる。 修正箇所 apacheモ …

LinuxMint17.3にphp7.0をインストール

Linux Mint 17.3 Rosa Laravel5を利用したwebアプリの開発を行いたく、デスクトップ環境としてVMにLinuxMintを構築。 ※Windowsでも問題なかったんですがね、、 …

カテゴリー