Gitの使い方まとめ | 初心者におすすめ

NO IMAGE
         

この記事は1年以上前に更新されたものです。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。

Gitとは

一般的に、バージョン管理システムと呼ばれているものです。
比較対象としてCVSやSVNが集中型。
Gitは分散型と呼ばれています。

SVNから移行する際は、ローカルリポジトリが有るため一手間増えるイメージが有りますが
ここまで浸透してきているということは、それを超えるメリットが有るんだろうと、自分学習用にまとめた物です。


Wikipediaより

Git(ギット、ジットと読む場合も)は、プログラムのソースコードなどの変更履歴を記録・追跡するための分散型バージョン管理システムである。
もとはLinuxカーネルのソースコード管理に用いるためにリーナス・トーバルズによって開発され、それ以降ほかの多くのプロジェクトで採用されている。Linuxカーネルのような巨大プロジェクトにも対応できるように、動作速度に重点が置かれている。現在のメンテナンスは濱野純 (Junio C Hamano) が担当している。

Gitでは、各ユーザのホームディレクトリに、全履歴を含んだリポジトリの完全な複製が作られる。そのため、ネットワークアクセスがなく中心リポジトリにアクセスできない環境でも、履歴の調査や変更の記録といったほとんどの作業を行うことができる。これが「分散型」と呼ばれる理由である。
出典:http://ja.wikipedia.org/wiki/Git


いつやるの?Git入門

非常に分かりやすい動画です。
gitの内部構造を始めに説明して頂いてから、実際の動作(コマンド)を見ていきます。
何をやっているかを知ってから動きが見れるので非常に理解しやすいです。
動画は一時間ちょっとあるので、まとめて見るのは大変かもしれませんが非常に勉強になります。

いつやるの?Git入門 from Frontrend on Vimeo.

上記動画で使用しているスライドです。
http://www.slideshare.net/matsukaz/git-28304397


ドットインストール git入門

動画で学ぶならドットインストールでしょうか。
もう、定番ですね。よくお世話になっています。
一本の動画が3分ほどなので、ちょっとした空き時間に進めることが出来ます。
いつやるの?Git入門を見てから入ると理解しやすいかと思います。

http://dotinstall.com/lessons/basic_git


サルでもわかるGit入門

実際の運用にそって順に説明されています。
イラストも入って非常に読みやすいです。
入門編、発展編、逆引きGitとあり「あれなんだっけ?」って時にお世話になってます。

http://www.backlog.jp/git-guide/


Learn Git Branching

learnGit

Gitのcommitやbranch、HEAD位置の動きを確認しながら学習できるサイトです。
簡単なコマンドから始まるチュートリアル、課題があり同じツリー構造にする等
グラフィカルな画面で楽しみながら学ぶことが出来ます。
また、フリーモード的なのもありますので、mergeやrebaseを行った際の動作を試すことが可能です。
その際にアニメーションが有り、直感的に理解できます。

http://k.swd.cc/learnGitBranching-ja/


Pro Git

言わずと知れたGitの解説書です。
電子版のダウンロードも可能なため、非常に使い勝手が良いかと思います。
詳しいオプションも書いてありますので初心者から上級者まで長くお世話になります。
初めはCUIのコマンドベースで取っ付きにくいかもしれません。
慣れてから読むと良いかも。

1st Edition
http://git-scm.com/book/ja/v1

2nd Editon
http://git-scm.com/book/ja/v2