Laravel バージョン指定インストール

Laravel バージョン指定インストール
         

この記事は1年以上前に更新されたものです。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。

いつも忘れるのでメモ

composerを使用し、Laravelのバージョンを指定してインストールする方法。

今回は5.1を指定。(LTSの為ですが、個人で使用するには特に指定する理由はないかもしれません)

$ composer create-project "laravel/laravel=5.1.*" プロジェクト名

バージョン確認

$ php artisan -V
Laravel Framework version 5.1.35 (LTS)

動作確認

$ php artisan serve
Laravel development server started on http://localhost:8000/

起動後のエラー対応

ダウンロード中に失敗した場合

パッケージが揃っていない可能性が高いので、updateする。

$ composer update

ダウンロードは成功しているっぽい・・・

  1. Laravel5から「.env」ファイルが必要。「.env.example」をコピーして作成する。(存在する場合は手順2)
  2. php artisan key:generateを実行。