CentOS6.8にyumでMySQLをバージョン指定インストール

CentOS6.8にyumでMySQLをバージョン指定インストール
         

この記事は1年以上前に更新されたものです。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。

検証環境

Vagrant環境にCentOS6.8(mini)インストール
ホストPCはMintLinux17.2

※既存でMySQLがインストールされていた場合は考慮していません。存在する場合はアンインストールしてからが安全かと思います。

手順

  1. yumリポジトリの追加
  2. リポジトリファイルの編集
  3. yumインストール
  4. バージョン確認

リポジトリ追加

MySQL公式リポジトリ

Download MySQL Yum Repository
http://dev.mysql.com/downloads/repo/yum/

こちらからrpmリポジトリの追加。

2016/06/06現在は
http://dev.mysql.com/get/mysql57-community-release-el6-8.noarch.rpm

# yum install http://dev.mysql.com/get/mysql57-community-release-el6-8.noarch.rpm

リポジトリファイルの編集

設定を変更しない場合、最新版インストールとなりますが
今回は本番環境と揃えてバージョンを指定したい為、設定ファイルを編集します。
設定ファイル:/etc/yum.repos.d/mysql-community.repo

使用したいバージョンの[enabled]を1に。
それ以外を0へ。

今回は5.6をインストールするため、enabled=1。
5.7がデフォルトで1だったため、enabled=0へ。

# vi /etc/yum.repos.d/mysql-community.repo
name=MySQL Connectors Community
baseurl=http://repo.mysql.com/yum/mysql-connectors-community/el/6/$basearch/
enabled=1
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-mysql

[mysql-tools-community]
name=MySQL Tools Community
baseurl=http://repo.mysql.com/yum/mysql-tools-community/el/6/$basearch/
enabled=1
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-mysql

# Enable to use MySQL 5.5
[mysql55-community]
name=MySQL 5.5 Community Server
baseurl=http://repo.mysql.com/yum/mysql-5.5-community/el/6/$basearch/
enabled=0
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-mysql

# Enable to use MySQL 5.6
[mysql56-community]
name=MySQL 5.6 Community Server
baseurl=http://repo.mysql.com/yum/mysql-5.6-community/el/6/$basearch/
enabled=1 #0→1へ変更
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-mysql

[mysql57-community]
name=MySQL 5.7 Community Server
baseurl=http://repo.mysql.com/yum/mysql-5.7-community/el/6/$basearch/
enabled=0 #1→0へ変更
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-mysql

[mysql-tools-preview]
name=MySQL Tools Preview
baseurl=http://repo.mysql.com/yum/mysql-tools-preview/el/6/$basearch/
enabled=0
gpgcheck=1
gpgkey=file:/etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-mysql

MySQLインストール実行

必要なパッケージは適宜変更してください。

# yum install mysql mysql-devel mysql-server mysql-utilities

起動・バージョン確認

サービスをスタートして、バージョンを確認しましょう。
初回起動時はログやメッセージが表示されますが、見守りましょう。

今回はローカル開発機のためrootパスワード設定省略。

# service mysqld start
・
・
・
初回はログが大量に流れます・・・
rootパスワード設定してね!と言われていたり・・・
・
・
Starting mysqld:                                           [  OK  ]
# mysql -V
mysql  Ver 14.14 Distrib 5.6.31, for Linux (x86_64) using  EditLine wrapper

リポジトリ設定通り、5.6.xをインストール出来ました。