Linux MintにMongoDBをインストール

Linux MintにMongoDBをインストール
         

この記事は1年以上前に更新されたものです。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。

やりたいこと&環境

LinuxにMongoDBをインストールしたい。

apt-getで簡単にインストールしたい。

実行環境:LinuxMint 17.3

実行コマンド

参考:公式web
https://docs.mongodb.com/manual/tutorial/install-mongodb-on-ubuntu/

インストール実行

$ sudo apt-key adv --keyserver hkp://keyserver.ubuntu.com:80 --recv EA312927
$ echo "deb http://repo.mongodb.org/apt/ubuntu trusty/mongodb-org/3.2 multiverse" | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/mongodb-org-3.2.list
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install -y mongodb-org

サービス起動・停止

$ sudo service mongod start    // サービス起動
$ sudo service mongod stop     // サービス停止

デフォルトの設定ファイル
/etc/mongod.conf
ログ出力先
/var/log/mongodb/mongod.log

mongoShell

実行

$ mongo
MongoDB shell version: 3.2.7
connecting to: test
Welcome to the MongoDB shell.
For interactive help, type "help".
For more comprehensive documentation, see
	http://docs.mongodb.org/

>

現在のDB確認

> db
test

DB変更

> use dbName
switched to db dbName
> db
dbName

存在しないDB(いきなり新しいDB名)でも問題なし。

Insertと全件Select

// Insert
> db.myCollection.insert({x: 1, y: 2});
WriteResult({ "nInserted" : 1 })

// 全件Select
> db["myCollection"].find()
{ "_id" : ObjectId("576525760637c199bf148cde"), "x" : 1, "y" : 2 }

mongoShell終了

exit

または

quit()

 

MEAN環境の一歩。