CentOS7にjenkinsをyumインストール

CentOS7にjenkinsをyumインストール
         

この記事は1年以上前に更新されたものです。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。

前提条件

CentOS7 mini(Vagrant)でyum updateを実行しただけ

準備

Javaが必要なため、確認

$ java -version
-bash: java: command not found

入ってません。。。のでyumでOpenJDKをインストールします。
気になる方はOracleJDKをどうぞ。

# yum install -y java-1.8.0-openjdk

確認

$ java -version
openjdk version "1.8.0_101"
OpenJDK Runtime Environment (build 1.8.0_101-b13)
OpenJDK 64-Bit Server VM (build 25.101-b13, mixed mode)

Jenkinsインストール

公式サイト通りにJenkins yumリポジトリの追加

# wget -O /etc/yum.repos.d/jenkins.repo http://pkg.jenkins.io/redhat-stable/jenkins.repo
# rpm --import http://pkg.jenkins.io/redhat-stable/jenkins.io.key
# yum install jenkins

サービスの自動起動

# chkconfig jenkins on

サービス実行

# systemctl start jenkins

動作確認

Vagrantfileにポートフォワーディング設定

config.vm.network "forwarded_port", guest: 8080, host: 8080

再起動し、http://localhost:8080/にアクセス

初期設定

パスワード入力画面が表示されたら、表示されているファイルの中身を確認し、入力する。

$ sudo cat /var/lib/jenkins/secrets/initialAdminPassword

 

参考サイト

Jenkins公式サイト

CentOS7へのJenkinsのインストール手順