HHKB Professional HYBRID Type-S を購入!

HHKB Professional HYBRID Type-S を購入!

Happy Hacking Keyboardを買ったぜ!

仕事や家でFilco Majestouch NINJA(青軸)を利用していましたが、基本テレワークとなり有線接続で業務用PCとプライベートPCを使い分ける際にUSBケーブルを差し替える手間が非常にストレスでした。

マルチペアリングが可能なBluetooth対応キーボードを探していた時に、ずっと気になっていたHHKBの紹介記事が目に止まり、独特な配列、静電容量無接点、悩みポイントが多くありましたが色々な紹介動画、ページを見て購入。

一週間程度使ってみたので、気になったポイントをまとめてみました。

購入したモデル

HHKB Professional HYBRID Type-S 英語配列/墨を購入しました。

カラーリングは白の場合、色が変色してしまいそうな気がして「墨」(黒)と決めていたのですが
キー配列でかなり悩みに悩みました。

元々、記号入力が楽な英語配列が好みですが、カーソルキーが独立して存在していないため日本語配列に「決めた!あとはポチるだけ!」
と、購入サイトを見ると全て(PFU公式サイト、Amazon、楽天)売り切れ・・・

しかーし、ここまで来ると早くゲットしたい気持ちが強く、英語配列でも良いか再検討です。

カーソルキー

  • 数多くのプログラマが英語配列を利用
  • カーソル移動にスグ慣れると書いている

独特の配列

  • キーボード後部のDIPスイッチにてカスタマイズ
  • 公式のキーマップ変更ツールがある

スペースキー

やっぱ英語の長いスペースキーでしょ!

このように自分が納得できる理由を考えて、英語配列をポチりました。
キートップの印字無刻印も選択肢としてはあるのですが、初めてのHHKBなので今回は見送りました。

購入して良かった点

タイピング音が静か

  • テレワーク中、家族からタイピング音が気にならなくなった!との事。Type-Sで良かった
  • 会社に持っていっても周りを気にすることなく思いっきりキーを叩けます!今までの青軸は気を使いますからね・・・ハイ・・・

マルチペアリング

  • Bluetooth機器を4台まで登録が可能。会社用、プライベート用デスクトップ、プライベート用ノートPC、iPadと、様々な機器と接続できます
  • USB Type-C接続も別機器として切り替えれるので、最大5台登録が可能
  • 切り替え時間も体感で1秒かからないレベルです。めっちゃスムーズ!

打感が最高

CHERRY MXスイッチ、特に利用していた青軸は押した感触が強く、東プレ軸の打感に慣れるか不安でしたが、2~3日の利用で慣れました。むしろ気持ちいい。
スコスコ、コトコトしている感じで、タイピングする度に楽しい!

Windowsの設定

キーボードレイアウトを日本語配列から英語配列に変更しなければなりません。
また、設定変更後には再起動が必要でノートPC本体のキーボード(日本語配列だった場合)と併用する際に、都度再起動するのは手間でしか無いため、ツールを使っています。(別記事にて記載予定)

Windowsの設定を開きます(左下のWindowsマーク右クリック→設定)
「時刻と言語」を選択

「言語」を選択

「日本語」をクリック(選択肢だと思わなかった)

オプションをクリック

ハードウェアキーボードレイアウトの「レイアウトを変更する」をクリック

日本語キーボードから英語キーボードに変更して再起動

購入してちょっとう~んな所

思った以上になくて、本当に英字配列HHKBでよかった!と思っているのですが敢えて言えば

  • 上記でも記載しましたがキーボード配列の変更、再起動が必要
  • 一般的なキーボードを利用する時に苦労する
    HHKBに慣れてしまって、他人のPCを操作しなければならないときに非常に苦労します。
  • 価格が高価
    理解して貰える人があまりいません・・・いいんです。自己満足の世界。
  • 半角/全角の変更がちょっと手間
    デフォルトの場合、Alt+`(バッククォート )になります。
    私はIMEの設定を変更して、Ctrl+スペースに変更していますが、他のショートカットキー(VSCodeのIntelliSense)と競合しており悩み中。
  • キーが高めなので、パームレスト必須
    無いと手首が痛くなります。でもFilcoの素晴らしいものは高いので自作してみました。

最後に

全体を通して良いことばかりです。長寿命も製品の特徴ですし何より慣れてしまえば楽にタイピングすることができます。
逆に慣れるまでは大変です。初日はちょっと後悔しました・・・。
しかし、キーボードにずっと触れている(触れている時間が長い)方は、HHKBに触れる事ができる機会があれば触れてみてください。

その魅力的なキータッチ、配列、そして自分だけ特殊なキーボードを使いこなしている感(笑)

人とは違う物を所有したいアナタ。
きっと虜になると思います。

HHKB公式サイト

https://happyhackingkb.com/jp/

HHKB ASMR

周辺機器カテゴリの最新記事